2015年4月4日土曜日

ことばはいらない……か?

ことばじゅくって、すでにあるんだろうなって思っていたら、やはりありました。
ネット検索してみたら、「ことば塾」と冠しているもにが少なくとも五つ。
金田一春彦先生のもの、大阪空堀にある教育的なもの、武部宏って人がやっているビジネス対応のもの、カルチャーセンターのもの、演劇系のもの。
だけど、逆に言えばこれだけあるってことは、権利関係もなく、誰でも使っていい言葉だってことかな。

それはさておき、ことばのこと。

わたしも大昔のことだけど、心に思ってさえいれば、ことばはいらない、通じ合えると思っていた。
でも、それは間違いであったと今では思っている。
ことばがなくても気持ちが繋がっていると思うのは、幻想だ。
ことばなくして通じ合う、分かり合えるなんてことは絶対にありえない。

ただ、こういうことはあるかもしれない。

許し合うっていうこと。
相手のことがわからなくてもいい。相手の思いがどういうことであれ、なにを考えなにをしようが許す。
こんなことを指して「通じ合う」と言えるのかもしれない。

心理学者でも言語学者でもない私には、いま書いたことを科学的に証明することはできないけれども、これまで生きてきた経験則からそう思うのだ。

支持してくれるかどうか判断、あなた次第なんだけれども。
              ふみみ

0 件のコメント:

コメントを投稿