2016年3月10日木曜日

ネーミングというお仕事

かつて、ネーミングというお仕事を何度か請け負ったことがある。
クライアントソースが狭いからか、すべて大手流通企業のショップ名だ。
クライアントからは、これといってネーミングに対する指針はない。
企業のカラ―や雰囲気、地域性、目指すべき方向をこちらで勝手に想定して、
さまざまな言語から意味が通じるモノを探す。
たいていは、未来感のあるものであり、業態の広がりを感じさせるもの。
誰もが呼びやすい、覚えやすい、印象に残る、イメージが広がるものでないとだめで、
あまりにも普通っぽいものは選ばれない。かといって意味がわからないものも持つかしい。

結果、多くは英語になる。フランス語やイタリア語も調べてはみるが、たいていは決まらない。
そのような言語は決定者に馴染みがないし、一般の人にとっても同じことが言えるからだろう。
よほどフランス仕立てやイタリア仕立ての物件でないとその言語は難しいだろう。

日本人相手の日本の案件なのに、なんで英語?

そう思って日本語の言葉も提案するのだが、やはり英文の方が格好良く響くのだね。

それと、長ったらしいのも難しい。クライアントは短いワードを好む。
その方が覚えやすいし印象に残るから。
ところが、言葉は短ければ短いほど、商標登録が難しい。たいていは既に登録されていたりする。

というわけで、「未来」とか「人と人」とか「円満」とか「毎日」とか、
日本語のコンセプト・キーワードを構想し、それが置き換わる英語を探す。
短くて、記号的に印象に残り、しかも商標登録の隙間を狙えそうなワード。

かくして私が考えたネーミングでいまでもご商売されているお店が関西圏に三グループ(3店ではない)。
ネーミングではないが、ニックネーム的キャッチフレーズが、いまでも微かに生きているらしいのが1件。
残念ながら多くはないが、プレゼンの機会が少なかった。落選したネーミング案件もたぶんもっとたくさんあったのだろう(忘れちゃった)。

最近、ネットでネーミング公募みたいなものを見つけて、暇にあかして提案してみるのだが、これが非常に確立が低い。
もっともこっちも思いつきレベルでの投稿になるわけだが、競合相手はたぶんほとんどが知ろうとで、つまり彼らも思いつきネーミングだ。
発注者はむしろそうした思いつきの中にいい言葉が見いだせると割り切っているのだろう。
公募が終わって結果を見てみると、私は思いつかなかったような言葉だったりする。
水がらみのイベントの名前が「ザブーン」みたいなね。
私は一生懸命アクアだとかウォーターとか考えていたのに、ザブーン!って。
結局、ネーミングってそういうものなのかもしれません。